メタノール自動車とディーゼル車の違い

メタノール自動車とはメタノールを燃料とする自動車のことであり、純粋なメタノールを燃料とするタイプだけでなく、混合燃料を使用するタイプもあります。ちなみに、メタノールはアルコールの一種であり、メタンや石炭、木材などから製造することができますが、ほとんどのものは天然ガスから作られています。


また、ディーゼル車をベースにしたタイプとガソリン車をベースにしたタイプがあり、これらは黒煙や粒子状物質などをほとんど排出せず、ディーゼル車と比べて窒素酸化物の排出量もとても少なくなっています。しかし、メタノールの発熱量は軽油の約半分となっており、この自動車がディーゼル車やガソリン車と同程度の走行距離を確保するためには、燃料タンクの容量を大きくする必要が出てきます。それによって燃料タンクの重量が増加してしまうということや、エンジンの始動直後に排出されるホルムアルデヒドなどの問題があります。この自動車はメタノール供給設備やエコ・ステーションなどで燃料の補給ができますが、メタノール供給設備は専用のスタンドを設置しているところであり、エコ・ステーションは既設のガソリンスタンドなどに設置されることで施設の一部やサービスを共有できるというメリットが挙げられます。

コメントは受け付けていません。