メタノール自動車の特徴まとめ

メタノール自動車というのは、ガソリンと電気を併用するハイブリッド車、電気を動力として走る電気自動車などと同様に、環境にやさしい次世代のエコカーの一種であり、従来のガソリンや軽油などにかわって、メチルアルコールを燃料としたものになります。


海01
メチルアルコールというのは、ガソリンのように完全な天然資源をベースとしてつくられる燃料ではなく、天然ガスや石炭などの天然資源からつくることも、また都市ゴミやバイオマスのようなものからつくることも可能という点ですぐれており、ガソリンとは違って複雑な製造工程を必要としないということもメリットのひとつです。
また、メチルアルコールを燃料として消費した場合には、黒鉛のような有害物質はほとんど排出ガスのなかには含まれず、チッ素酸化物の量も従来の自動車の半分に近いといった特徴があり、地球環境対策としてもアドバンテージがあります。
現時点でもバンや小型トラックではこうした車種がないわけではありませんが、寒冷地では始動性に劣ること、ホルムアルデヒドなどの別の有害物質への対応、燃料配管の腐食対策、製造にあたってのコストなどの点において課題が残っているため、量産に向けてはまだ時間がかかりそうです。

コメントは受け付けていません。