メタノール車の燃料が供給される仕組み

メタノール車という言葉を耳にしてから、既に何年も経過している気がしますが、果たしてどれだけ普及してきているのかは不明です。そもそもメタノール車と呼ばれるものは、どういった車なのか?というのもよく分からない部分があります。メタノールはディーゼルエンジンにもガソリンエンジンにも使用可能で豊富にある資源なので、エコな乗り物として注目されているということは良く知られているかもしれません。


海02ディーゼルタイプと呼ばれるディーゼルエンジン車もありますが、オットータイプと呼ばれるガソリンエンジン車では、メタノールをそのままガソリン代わりに使用するタイプと、メタノールにガソリンを混ぜて使用するタイプがあるようです。豊富にあって環境にも優しいとはいえ、メタノール車の普及は、やはりメタノールを燃料として供給するための仕組みがまだそれほど整備されていない、という点にあるようです。メタノール車の専用スタンドの他に、メタノールを補給できるエコ・ステーションとよばれる設備が各地にできてきている、とはいえ、やはり従来のガソリンスタンドほど簡単に見つけることはできないので、メタノールを供給するためのシステムが普及が先になります。

コメントは受け付けていません。