補助事業の対象外?エコステーションとは

現在、最も普及しているのが、ガソリンによって走行する自動車です。ガソリンは低価格が売りですが、排気ガスによる公害が問題視されています。
これとは別に、メタノール自動車というものが存在します。天然ガスなどを原料に作られたメタノールを燃料とし、自動車を動かす仕組みです。
メタノールを自動車に入れるには、エコステーションと呼ばれる、専用の施設に向かわなければなりません。しかし、この専用の施設は平成14年から補助事業の対象外になっており、施設の数は減少傾向にあります。黒煙や粒子状物質を出さない低公害車として開発されたメタノール自動車ではありますが、燃料を入れるのに必要な施設が少ないのでは、所有していたとしても利便性が悪い自動車としかいいようがありません。


最近では電気自動車や燃料電池自動車などの普及が注目されており、今後ますます、メタノール自動車の活躍の場は奪われる可能性があります。低公害車としては魅力的ではありますが、実用性を考慮すると、今からメタノール自動車を買うメリットは、正直なところあまりないといわざるを得ません。
低公害車で地球の環境を守りたいというのなら、電気自動車や水素と酸素の力で走行する、燃料電池自動車を選ぶのが賢明です。

コメントは受け付けていません。